Asia Presswire

Asia Presswire offers most updated news in Asia.

Keio Plaza Hotel Tokyo arbeitet mit dem Nationalen Nô-Theater zusammen, um der Welt Japans Nō-Kultur vorzustellen

TOKIO, Japan--()--Das Keio Plaza Hotel Tokyo(KPH), eines der prestigeträchtigsten internationalen Hotels Japans in Shinjuku, Tokio, präsentiert vom 27. September bis 27. November 2019 eine Sonderveranstaltung und -ausstellung der traditionellen japanischen Bühnenkunst mit dem Titel „Nō“. Diese Ausstellung wird in Zusammenarbeit mit dem Nationalen Nô-Theater veranstaltet und findet zum vierten Mal statt. Die diesjährige Ausstellung beruht auf der historischen Heldendichtung „Tale of the Heike“ (Erzählung der Heike), die den Kampf zwischen den Heike- und Minamoto-Clans um die Vorherrschaft in Japan sowie den Aufstieg und Niedergang der Taira-Familie (Heike) beschreibt. Außerdem werden verschiedene kostbare Requisiten, Kunst- und Literaturwerke, darunter geschnitzte Holzmasken, Kostüme und andere Gegenstände, die mit Nō-Theaterstücken aus dem „Tale of the Heike“ in Zusammenhang stehen, ausgestellt. Kostenlose verkürzte Aufführungen des Nō-Programms werden am 15. und 28. Oktober 2019 in unserem Foyer von Tsunao Yamai aus der Komparu Nō-Schule dargeboten, der auch einen Vortrag zur Kunst des Nō halten wird.

„Nōgaku“ (ein Begriff, mit dem sowohl Nō als auch Kyougen beschrieben werden) ist eine traditionelle Form des japanischen Theaters und Tanzes, die beginnend mit der Muromachi-Zeit (1336 bis 1573) seit über 600 Jahren praktiziert wird. Im Jahr 2008 wurde „Nōgaku“ aufgrund seines hohen künstlerischen Anspruchs, der weltweit anerkannt ist, von der UNESCO zu einem Immateriellen Kulturerbe der Menschheit in Japan erklärt. Das Keio Plaza Hotel Tokyo führt die „Nō“-Veranstaltung und -Ausstellung im Rahmen seines „Erlebnisprogramms japanischer Kultur“ durch, das sowohl seinen japanischen als auch ausländischen Gästen verschiedene Aspekte der japanischen Kultur vermitteln soll.

Pressemitteilungsarchiv

Über das Keio Plaza Hotel

Das Keio Plaza Hotel Tokyo (KPH) in Shinjuku im Herzen der japanischen Hauptstadt Tokio ist eines der führenden internationalen Hotels in Japan. Unser Hotel verfügt über mehr als 15 Restaurants und Bars, und wir beherbergen eine Vielzahl einheimischer und internationaler Gäste, die uns aufgrund unserer einladenden Anlagen, unserer herzlichen Gastfreundschaft und unseres einmaligen Service besuchen, um japanische Kultur zu erleben. Dazu gehören auch unsere Hochzeitskimonos zum Anprobierendie Teezeremonie und vieles mehr. Um mehr über uns zu erfahren, besuchen Sie uns bitte auf unserer Website, auf YouTubeFacebook oder Instagram.

Die Ausgangssprache, in der der Originaltext veröffentlicht wird, ist die offizielle und autorisierte Version. Übersetzungen werden zur besseren Verständigung mitgeliefert. Nur die Sprachversion, die im Original veröffentlicht wurde, ist rechtsgültig. Gleichen Sie deshalb Übersetzungen mit der originalen Sprachversion der Veröffentlichung ab.

Contacts

Keio Plaza Hotel Tokyo 
Keiko Kawashima, +81 3 5322 8010 
Leiterin Öffentlichkeitsarbeit 
keiko-kawashima@keioplaza.co.jp

Oregon Catholic Press Sued for Copyright Infringement Regarding a Popular Catholic Song

NASHVILLE, TN / ACCESSWIRE / September 27, 2019 / Vincent A. Ambrosetti and International Liturgy Publications (ILP) sued Oregon Catholic Press (OCP) of Portland, Oregon and Bernadette Farrell of London, England for copyright infringement. That lawsuit was filed August 27, 2019 in federal court in the Northern District of Indiana, South Bend Division.

The suit alleges that Farrell's 1993 song "Christ Be Our Light" is a copy of the song "Emmanuel" composed by Mr. Ambrosetti in 1980 and published that same year. "Emmanuel" is well known and has been the top revenue producing musical composition of Ambrosetti and within the International Liturgy Publications musical catalog.

The lawsuit further alleges that OCP obtained the right from Farrell to sell, market, distribute, and license the infringing work "Christ Be Our Light." Since then, OCP has published, licensed and otherwise distributed, and has wrongfully obtained substantial revenues from, the infringing work "Christ Be Our Light."

The copyright infringement complaint alleges that the infringing work "Christ Be Our Light" is one of OCP's top revenue and profit producing titles in OCP's music catalog. The complaint also alleges that the defendants never sought or obtained permission from the Mr. Ambrosetti or ILP to use "Emmanuel" in creating, reproducing, recording, licensing, distributing, selling, broadcasting, or publicly performing "Christ Be Our Light."

The lawsuit asks for damages under the United States Copyright Act as well as an injunction against OCP's and Farrell's further exploitation of the infringing work.

For more information, please contact:

ILP Publisher Vincent Ambrosetti
vincent.ambrosetti@ILPmusic.org
615-838-3000

SOURCE: LAMB Publications

デンソー、デンソー北海道の工場を拡張

半導体センサーの生産を拡大し、グループ生産体制を強化

愛知, 2019年9月26日 - (JCN Newswire) - 株式会社デンソー(本社:愛知県刈谷市、社長:有馬 浩二)は、デンソーグループの競争力を高める国内生産体制の強化に向けて、株式会社デンソー北海道(本社:北海道千歳市、社長:根橋 聖治)の工場を拡張して、半導体センサーの生産を拡大します。

デンソー北海道では、自動車のエンジンやエアコン、ブレーキなどのシステムに使用される半導体センサーを生産し、2009年の創業以来、累計5億台の生産実績を持っています。今後想定される電動化の進展と安全ニーズの高まりに伴うセンサー需要拡大に備え、このたび、工場を拡張します。

工場拡張と生産拡大に伴う投資額は、2025年までに約110億円を予定しています。2020年7月に着工し、2021年6月に完成、2021年10月から順次生産を開始する計画です。これにより、従業員数は2025年には約1,150人まで増加する見込みです。

デンソー北海道は、デンソーグループの半導体センサーの生産を担う中核拠点として、さらなる顧客対応力の向上に取り組んでいくとともに、地域社会の発展に貢献していきます。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.denso.com/jp/ja/news/news-releases/2019/20190926-01/

ISID、ぺんてるにサイバーセキュリティ製品「AppGuard」を提供

既存環境を活用した管理サーバー構築、展開、運用までトータルで支援

東京, 2019年9月26日 - (JCN Newswire) - 株式会社電通国際情報サービス(本社:東京都港区、代表取締役社長:名和 亮一、以下 ISID)は、ぺんてる株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:和田 優、以下ぺんてる)においてサイバーセキュリティ製品「AppGuard」の導入・構築支援を実施したことをお知らせします。

■導入の背景■

ぺんてるは、「Discover the best」というコーポレートステートメントのもと、お客様に心から喜ばれる製品作りに取り組む文房具の総合メーカーで、世界 22 の販売拠点を軸に、120 以上の国と地域に販売網を展開しています。事業拡大に伴い、競争優位の源泉となる製品情報や顧客情報に関するセキュリティへの要求が高まる中、同社ではサイバーセキュリティ対策において、より高い防御力の実現とシステム保守・運用の負担低減に取り組んでいます。その一環として今回、従来の施策に加えて更なるセキュリティ高度化を図るため、 ISID が提供するサイバーセキュリティ製品「AppGuard」が採用されました。

■導入のポイント■

「AppGuard」は、従来の検知型技術のようにマルウェア(悪意のあるプログラムやコード)を検知、駆除して「感染させない」のではなく、マルウェアによって危険なプロセスが発生しても、攻撃につながる行動を封じ込めることにより「発症させない」という、全く新しい概念で開発された次世代型エンドポイントセキュリティ製品です。
今回の導入にあたっては、同社の社内システム環境を踏まえ、既存の仮想化基盤の余剰リソースを有効活用したシステム構成を提案しました。社内の Windows 端末の AppGuard ポリシーおよび AppGuard イベントログを一元管理する管理サーバーを、1 カ月で構築・展開し、その後の運用までをサポートしました。

ISID はかねてより、専門特化した業務ノウハウとシステム構築力を強みとして、金融業や製造業など、幅広い顧客企業の業務改革を支援する多彩なソリューションを提供してきました。これらの知見に革新的なセキュリティ技術を組み合わせることで、サイバーセキュリティ対策の領域においても、顧客企業や社会の課題解決に貢献する、新たな価値を創出してまいります。

「AppGuard」の詳細はこちらをご覧ください。 https://www.isid.co.jp/solution/appguard.html

<ご参考資料>

関連プレスリリース
- ISID、革新的セキュリティ製品「AppGuard」の販売体制を拡大
~全社横断組織を 3 月設置、未知の脅威も防ぐセキュリティ技術を全事業領域の顧客企業に提供~(2018 年 2 月 28 日)
https://www.isid.co.jp/news/release/2018/0228_1.html

<電通国際情報サービス(ISID) 会社概要>
社名 : 株式会社電通国際情報サービス(略称:ISID)
代表者 : 代表取締役社長 名和 亮一
本社 : 東京都港区港南 2-17-1
U R L : https://www.isid.co.jp/
設立 : 1975 年
資本金 : 81 億 8,050 万円
連結従業員 : 2,783 名(2018 年 12 月末現在)
連結売上高 : 91,024 百万円(2018 年 12 月期)
事業内容 : ISID は、社会や企業のデジタルトランスフォーメーションを、確かな技術力と創造力で支えるテクノロジー企業です。金融業務や製品開発の領域で創業以来培ってきた知見に加え、人事・会計など企業活動の根幹を支えるシステム構築の実績、電通グループのマーケティングノウハウ、そして IoT やロボティクス、AI など先端技術の社会実装に向けたオープンイノベーションへの取り組みにより、社会と企業の課題解決に貢献する、価値あるソリューションを生み出し続けています。

* 本リリースに記載された会社名・商品名は、それぞれ各社の商標または登録商標です。

【製品・サービスに関するお問い合わせ先】
株式会社電通国際情報サービス
コミュニケーション IT 事業部 AppGuard 営業チーム 武田、山本、伊藤
TEL:03-6217-8584
E-Mail: g-appguard-sales@group.isid.co.jp

【本リリースに関するお問い合わせ先】
株式会社電通国際情報サービス
コーポレートコミュニケーション部 赤瀬、李
TEL:03-6713-6100
E-Mail: g-pr@isid.co.jp

M. Seth Ansah Obiri de United Pension Trustees nommé "meilleur PDG dans le secteur des Fonds de Retraite (Ghana)" selon Global Brands Magazine - Royaume-Uni

LONDRES--()--Global Brands Magazine (GBM) est l’une des sociétés de publications, de recherche et de révision de marque les plus admirées au monde, consacrée à publier des nouvelles et des opinions sur les marques qui façonnent l’avenir de leurs secteurs respectifs. Le magazine basé au Royaume-Uni fournit à ses lecteurs les dernières nouvelles et informations sur les meilleures marques dans leur catégorie à travers le monde entier. Chaque année, GBM développe une série de prix consacrés aux entreprises et aux particuliers qui sort du lot, en fournissant des services exceptionnels et une vision unique.

United Pension Trustees a en effet remporté ces prix pour avoir placé haut la barre dans le secteur des Fonds de Retraite, tandis que M. Seth Ansah Obiri a remporté un prix pour son zèle sans fin pour gravir de nouveaux sommets, simplifier l'expérience client et fournir à United Pension Trustees les meilleures idées et plateformes d'investissement.

ShivaKumar, Directeur de Global Brands Magazine, a commenté: "Félicitations à l'UPT couronnée gagnante. Nous avons lancé ces prix pour célébrer le meilleur du secteur et leurs œuvres de pionnier. UPT a été à la pointe de l'innovation des produits et de l'expérience client alors que M. Obiri fut la force motrice derrière UPT. Nous saluons son dévouement pour la croissance et l'inclusion de l'entreprise".

A propos de United Pension Trustees (UPT)

United Pension Trustees Limited (UPT) est une société ghanéenne autochtone créée pour fournir des services fiduciaires de pension aux fonds de pension et de prévoyance au titre de la loi de 2008 sur les Retraites Nationales (loi n° 766).

  • L'UPT est autorisée par l'Autorité de réglementation des Retraites Nationales en vertu de la loi de 2008 sur les Retraites Nationales (loi n° 766) en tant que compagnie de fiducie.
  • L’objectif de l'UPT est de constituer le patrimoine de retraite de ses clients en leur fournissant, avec professionnalisme et convivialité, des services, produits et prestations à valeur ajoutée en matière de gestion des fonds de pension et de prévoyance, pour les préparer à la retraite.

A propos de Global Brands Magazine

Sise au Royaume-Uni, Global Brands Magazine (GBM) est le magazine de marque le plus populaire au monde, consacré à fournir des nouvelles et des opinions relatives à diverses marques à travers le monde. Le magazine fournit au lecteur des actualités, des critiques et des sondages sur les marques du monde entier. GBM est également une organisation de recherche axée sur les données, visant à reconnaître et distinguer les gagnants par rapport à ses concurrents et créer une identité de marque unique. Pour de plus amples informations, veuillez consulter le site électronique suivant: www.globalbrandsmagazine.com.

Le texte du communiqué d'une traduction ne doit pas être considéré comme officiel. La seule version du communiqué qui est celle de ce communiqué dans une langue d'origine. La traduction doit toujours être confrontée à la source du texte, qui fera jurisprudence.

Contacts

Edwin Martin
+44 (146) 242-9794

Baidu Launches Public Robotaxi Trial Operation

A fleet of 45 self-driving taxis starts operations on open roads in Changsha, Hunan province

- Robotaxi-hailing services available to the public in select urban areas

CHANGSHA, China, Sept. 26, 2019 (GLOBE NEWSWIRE) -- Baidu, Inc. (NASDAQ: BIDU) today debuted Apollo Robotaxi in Changsha, Hunan province, with the first batch of 45 self-driving taxis officially starting trial operations on urban roads. Apollo Robotaxi deploys L4 Hongqi EV vehicles jointly developed with Chinese carmaker FAW Group.  

Ride hailing is now open for trial by the general public in Changsha, with the fleet of robotaxis able to perform a range of intelligent self-driving functions, including changing lanes based on road and traffic conditions, assessing the movement of nearby vehicles and employing automatic avoidance when encountering aggressive overtaking by other vehicles. With safety as a top priority, a human operator is also assigned to each robotaxi to take control of the autonomous system in situations that could affect the safety of passengers or the vehicle itself.

“The robotaxi trial operations in Changsha demonstrate that the Apollo Robotaxi is progressing from research and development to a market reality, which will serve to provide rich feedback from real-world scenarios. Throughout the entire process, we have been and will always be committed to safety first and foremost,” said Zhenyu Li, Vice President of Baidu and General Manager of its Intelligent Driving Group. "Intelligent driving is a great journey, and today marks a solid step forward. We will continue to work together with our partners with the aim of bringing a safer, more comfortable and more efficient autonomous driving experience to all."

Apollo Robotaxi is set to offer passenger rides in a pilot zone in Changsha covering a total area of 70km² and 135km-long open roads - making it the largest in China with the most extensive coverage of complex road conditions and the most advanced vehicle-infrastructure cooperative systems. Within the pilot zone, the trial operation will cover around 50km by the end of 2019 and, in the first half of 2020, Apollo Robotaxi will cover the entire 135km stretch open to autonomous driving.

The collaboration between Baidu and FAW has long been advancing the acceleration of the robotaxi. The Hongqi EV fleet, jointly developed with FAW Hongqi, represents China’s first volume production of preinstalled L4 autonomous driving vehicles. Hongqi EV is the latest product of Apollo's autonomous driving technology, realized through a synergy of leading software and hardware capabilities, preinstallation production capacity, fluid human-vehicle interface, a safety guarantee and the multifaceted upgrade and optimization of fleet management via the cloud. With a factory-installed customized Apollo OBU (On-Board Unit), the L4 Hongqi EV can carry out L4 V2X communication with intelligent roadside equipment and achieve a seamless interplay between vehicle and infrastructure.

Baidu and FAW Hongqi have worked closely to redesign both the installation scheme of the autonomous driving unit for the robotaxi as well as the electrical/electronic architecture of the entire vehicle. The companies are now able to optimally integrate the two sections during factory installation, addressing issues including signal interference and detachment caused by modification and dismounting.

About Baidu

Baidu, Inc. is the leading Chinese language Internet search provider. Baidu aims to make the complicated world simpler for users and enterprises through technology. Baidu’s ADSs trade on the NASDAQ Global Select Market under the symbol “BIDU.” Currently, ten ADSs represent one Class A ordinary share.

Media Contact
Intlcomm@baidu.com

A photo accompanying this announcement is available at https://www.globenewswire.com/NewsRoom/AttachmentNg/63c65d1c-981e-4474-9b93-1c0f591339a3

SUPER GT 第7戦 SUGO GT 300km RACE:天候に翻弄されたSUGOで平川/キャシディ組LEXUS LC500が4位

大嶋/山下組は6位に入りタイトル争いは最終戦へ

豊田, 2019年9月24日 - (JCN Newswire) - スポーツランドSUGOで行われたSUPER GT第7戦は、スタート直前からの雨に翻弄される展開となる中、ランキング2位の平川 亮/ニック・キャシディ組 KeePer TOM'S LC500 37号車が4位フィニッシュ。大嶋 和也/山下 健太組 WAKO'S 4CR LC500 6号車も6位に入り、タイトル争いは最終戦で決されることとなりました。GT300クラスでは新田 守男/阪口 晴南組 K-tunes RC F GT3 96号車が終盤のヘビーウェットの中で猛追を見せ3位表彰台を獲得。こちらもランキング2位に浮上し、逆転タイトルへの望みを最終戦に残しました。

SUPER GT第7戦「SUGO GT 300km RACE」が9月21日(土)、22日(日)の両日、宮城県のスポーツランドSUGOで開催されました。

年間8戦で争われているシリーズも今大会を含めて残り2戦。タイトル争いも激しさを増しています。今季がLEXUS LC500でのラストシーズンとなるLEXUS勢は、開幕戦こそ落としたものの、第2戦から前戦まで5連勝中。ウェイトハンデが有るため連勝の難しいSUPER GTで強さを見せ、ランキングでも現在トップ4を独占。有終の美を飾るべく残りの2戦に臨みます。

今大会は、「魔物が棲む」と言われ乱戦になることが多いスポーツランドSUGO。前戦オートポリスから僅か2週間のインターバルで、連続のマウンテンコースに挑むこととなります。

今大会はウェイトハンデが獲得ポイント×1kgと前大会までよりも半減されますが、第4戦、第5戦の連勝で2勝を挙げてランキング首位の大嶋 和也/山下 健太組 WAKO'S 4CR LC500 6号車は65kg、今季未勝利ながら表彰台4回でランキング2位の平川 亮/ニック・キャシディ組 KeePer TOM'S LC500 37号車は55kgと、共に50kgを越えており、燃料リストリクターが1ランク絞られるため、追うライバル達との厳しい戦いが予想されました。

また、GT300クラスでも、今季2勝を挙げている新田 守男/阪口 晴南組 K-tunes RC F GT3 96号車が首位と6ポイント差の3位につけており、逆転タイトル獲得へ向け、東北のテクニカルコースに臨みました。

予選
21日(土)、曇り空ながら気温19度、路面温度25度の過ごしやすいコンディションで午後2時よりノックアウト方式の予選が行われました。Q1では中嶋 一貴の駆るau TOM'S LC500 36号車がトップタイムをマーク。重いハンデをはねのけて平川の37号車が4番手、山下の6号車も7番手に飛びこみました。坪井 翔がアタックしたWedsSport ADVAN LC500 19号車が8番手で4台のLEXUS LC500がQ2へ進出。

石浦 宏明のZENT CERUMO LC500 38号車は11番手、ヘイキ・コバライネンのDENSO KOBELCO SARD LC500 39号車は15番手でQ1敗退となりました。

Q2でも36号車が好走。関口はこれまでのコースレコードを上回るタイムをマーク。ライバルには上回られるも3番手。キャシディの37号車が4番手タイムで続き、2列目グリッドを確保。国本 雄資がアタックした19号車は5番手、大嶋の6号車は8番手となりました。

GT300クラスは、狭く、1周の短いSUGOのコースを考慮して、前戦までのランキング順で2グループに分け、A組、B組として上位8台ずつがQ2へと進出するシステムで実施されました。LEXUS/トヨタ勢では唯一A組として出走したTOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GT 30号車が、織戸 学のアタックで8番手に飛びこみ、今季初のQ2進出を果たしました。

B組では、ショーン・ウォーキンショーがアタックしたarto RC F GT3 35号車が4番手につけ初のQ2進出。前戦初優勝を飾ったSYNTIUM LMcorsa RC F GT3 60号車が、TDPドライバー宮田 莉朋のアタックで5番手タイム。嵯峨 宏紀のTOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GT 31号車も8番手でQ2進出を果たしました。一方で、午前中のフリー走行ではGT300クラストップタイムをマークしていた96号車は9番手でまさかのQ1敗退となってしまいました。

GT300クラスのQ2では31号車が12番手、60号車が14番手、35号車が15番手、30号車が16番手グリッドとなりました。

決勝
22日(日)は午後から雨の予想。午前中には太陽も顔を出し、少なくともレース序盤はドライで走れるかもという状況でしたが、スタート進行の途中で降り始めた霧雨は、スタート10分前になって強さを増し、グリッド上ではレインか、スリックか、どちらのタイヤでスタートを切るのか各チーム頭を悩ませることとなりました。

午後2時、降雨のためセーフティカー先導により周回が開始され、3周を終えたところでセーフティカーが戻って本格戦のスタートが切られました。ポールポジションの車両と19号車、38号車を含めた数台がスリックタイヤでのスタートを選択しましたが、路面は完全にウェットとなっており、これらの車両は一気にポジションダウン。

3番手、4番手スタートでウェットタイヤを選択していた36号車と37号車が2位、3位へとポジションを上げました。

しかし、36号車は今大会、規定外となるエンジン交換を行ったため、10秒ストップのペナルティを受けることとなり後退。これで2位に浮上した37号車が首位追撃を展開しました。

一方、ランキング首位の6号車はスタートで一旦順位を落としたものの追い上げ、18周目には5位へとポジションを上げました。

1人のドライバーの最低周回義務である27周を終えたところで37号車がピットイン。タイヤ交換を行わず、タイムロスを給油のみの最小限にしてキャシディに交代し、コースへと復帰。その後、前を行く首位の車両がピットインでタイヤを交換したこともあり、38周目にライバルをかわし、実質上の首位に立ちました。

その直後、コースオフ車両によりセーフティカーが導入。唯一ピットインをせずに走行していた39号車にとっては不運なタイミングでのセーフティカー導入となってしまいました。

44周目、セーフティカーが退出して再スタートが切られた頃には、雨脚がかなり強まっており、コースはヘビーウェットコンディションに。37号車の平川は首位での周回を続けていましたが、ヘビーウェットにより合致するタイヤに交換していたライバル達の猛追を受けることとなりました。

交換していないタイヤで懸命の走行を続けた平川でしたが、激しい水煙が立つような中ではペースの違いはいかんともしがたく、4位に後退。同じ作戦で5位につけていた36号車も、コース上の混雑の中でタイヤを冷やしてしまい、ペースダウン。

一方、6号車はタイヤを交換せずに山下へとドライバーチェンジし、3位を走行していましたが、強くなる雨脚にタイヤ交換を決断。9位へとポジションを落としてコースに復帰しました。

タイヤを交換した山下は、タイトル争いに残りたい中山 雄一の39号車とのバトルを展開。中山 雄一の巧みなブロックでテール・トゥ・ノーズのバトルが続きましたが、74周目にようやくパス。36号車の後退もあり、6位へ浮上しました。

37号車はタイヤ無交換のまま平川が走り切り、LEXUS勢最上位の4位でフィニッシュ。6号車は6位に入り、2台のポイント差は3ポイント縮まることに。これでタイトル争いは計算上この2台を含むランキングトップ3に可能性を残しますが、37号車と6号車が圧倒的に有利な状況で、最終戦で決されることとなりました。

GT300クラスでは、逆転タイトルを目指す96号車のベテラン新田が18番手スタートから猛追を見せ、11周目には6位、25周目には4位へ浮上しました。

しかし、前を行く3台がピットへ向かった直後にセーフティカーが導入。ピットに入りそびれた96号車は、セーフティカー退去と同時にピットへ向かい、7位へとポジションを落としてしまいました。

しかし、交代した若き阪口が、ヘビーウェットコンディションとなったレース終盤にGT500クラスにも匹敵するペースで猛烈な追い上げを開始。5位に浮上した時点で、20秒以上あった4位の車両との差をみるみる詰めていくと、68周目にパス。更に69周目には最終コーナーでアウトから豪快なパッシングを見せ、3位でチェッカー。今季3度目の表彰台を獲得し、ドライバーズランキングでも2位へ浮上。首位とは14.5ポイント差で逆転タイトルの可能性を残して最終戦に臨むこととなりました。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
https://global.toyota/jp/newsroom/lexus/29893826.html

中国男子アイドルチーム「R1SE」代表曲MV公開!モダンダンスシーン満載で大ヒット!

北京, 2019年9月21日 - (JCN Newswire) - 中国男子アイドルチーム「R1SE」は、2019年9月16日(月)に、デビュー100日記念のため、初フルアルバムの収録曲・タイトル曲「就要掷地有声的炸裂」のミュージックビデオを正式公開しました。メンバー11名が、新進気鋭のピアニスト・張浩天氏と、世界有名な中国人ダンサー、陶ダンス劇場の創始者・陶冶氏とのコラボによる想像力あふれるスリリングな音楽作品です。










「R1SE」は、中国ネット大手のテンセント動画(Tencent Video)が放送していた男性アイドルのオーディション番組『創造営2019』からデビューした男子アイドルグループです。中国の芸能事務所であるWajijiwa Entertainmentに所属しています。メンバーは、周震南(ZHOU ZHENNAN)さん、何洛洛(HE LUOLUO)さん、焉栩嘉(YAN XUJIA)さん、夏之光(XIA ZHIGUANG)さん、姚琛(YAO CHEN)さん、翟瀟聞(ZHAI XIAOWEN)さん、張顔斉(ZHANG YANQI)さん、劉也(LIU YE)さん、任豪(REN HAO)さん、趙磊(ZHAO LEI)さん、趙譲(ZHAO RANG)さんの11人。チーム名の「R1SE」についてですが、「R」がrunningの略で前向きに走る姿を、「1」が第一で最強の男子アイドルグループになる決心を、「S」がsunの略で昇りつつある太陽を、「E」がenergyの略で元気いっぱいの豊かな青春を意味しています。

8月にリリースされた「R1SE」の初フルアルバム『就要掷地有声的炸裂』は、たった1ヶ月で売り上げ200万枚余りを突破し、総売上金額が3000万元(約4億5000万円)を超えました。2019年9月19日現在は3500万元を超えています。アイドルによるデジタルミュージックアルバムとして、中国音楽史上の空前の大ヒットを記録しています。今回、デビュー100日記念日を迎え、「R1SE」は9月16日(月)に、初フルアルバムの収録曲・タイトル曲「就要掷地有声的炸裂」のミュージックビデオを正式公開しました。

そのミュージックビデオでは、メンバー11名がモダンダンサーともなり、「パラレル・ユニバーサル」の中に自由に行き来をしていて、超現実的な「R1SE STATION」まで走り込んでいます。また、1990年代生まれの新進気鋭のピアニスト・張浩天さんが、今回の編曲・演奏を手掛け、「就要掷地有声的炸裂」の曲に合わせながら、傑作かつ難曲であるラフマニノフのピアノ協奏曲第2番をみごとに融合しています。また、海外有名な中国人ダンサー、陶ダンス劇場の創始者・陶冶さんによる力強くスリリングなダンスの振り付けも注目です。「R1SE」のメンバーみんなが、モダンダンスの実力のみならず抜群のチームワークで完璧なステージを披露しています。

曲名「就要掷地有声的炸裂」の中の「炸裂」という表現のように、この曲はスリリングなミュージック作品だけではありません。若者たちが持つべき生活態度や、「理想」特に「若者時代の理想」がもたらす創造力が、曲中では溢れそうに描かれています。

今回「就要掷地有声的炸裂」のミュージックビデオは、中国男子アイドルチーム「R1SE」がピアニスト・張浩天さんとダンサー・陶冶さんとのコラボによるできたモダンダンス満載の映像となっています。ぜひご覧ください。
カテゴリー
  • ライブドアブログ